業務紹介

全労済システムズの事業内容は、全労済の情報処理システムの開発・保守とシステム運用管理です。


システム開発・保守業務

システムとは大きく2種類に分類できます。1つはメインフレームを使い大量のデータを処理するシステムです。もうひとつは全労済ではたらく方々、組合員(お客様)が利用するオープンシステムです。これは組合員(お客様)からのさまざまなご要望にお応えする際に利用するシステムです。

<システム開発>
全労済が提示する業務要件にもとづき、システムの要件定義、システムの外部・内部設計、開発(プログラミング)・テスト、本番稼働のための資源納品等をおこないます。

<システム保守>
本番稼働しているシステムに対するアプリケーション障害対応、問い合わせ対応、要件変更にともなう開発作業量の見積もり等をおこないます。

わたしたちは全労済の情報システム分野を担う技術集団として、各自の開発スタイルを大切にしながらも、統一的な手順を徹底し、生産性や品質向上に日々努めています。 現行の技術ノウハウを継承しつつ、新たな業界標準となりうる開発言語や開発手法についても最適な全労済のシステム環境維持をおこなっています。

システム運用管理業務

<システム運用管理>
メインフレーム、サーバー、PC端末、全労済ネットワーク(WAN/LAN)のハード/ソフトウェアに対するバージョンアップ等の維持・管理、および動作状況・性能・キャパシティの監視、ならびに障害検知と障害対応等をおこないます。また、セキュリティ対策の検討と適用、コンピュータシステムの稼動日程の策定・調整等をおこないます。

情報システム化は企業のビジネス競争や顧客獲得のためにも、重要な位置づけとなっています。その情報システムを支えるシステムの安全で安定した運用を確保することがわたしたちの使命です。
「縁の下の力持ち」的な存在ではなく、各メンバーが能動的に動き、利用者にとってかけがえのない運用サービスが提供できるよう心掛け業務に取組んでいます。

求める人材

「自律型」で物を考え、発言するような人材を求めます。
まずは、自分自身で物事を考えて積極的に発言する姿勢を持った人が必要です。
受身の姿勢では何も生み出せません。IT技術や知識を自ら磨いていこう、自分の能力、自分という人間の幅を広げたいという意欲のある方を求めています。

「努力型」の人材を求めます。
これから社会人として人生の大半をこの業界で過ごすことになるため、最初はIT技術に精通していなくてもかまいませんが、 いずれは自分の仕事が好きになるよう努力する人が望ましいと考えています。
現に仕事が好きと感じられる人の多くは、企画力や相手との折衝力を身につけたシステムエンジニアに成長しています。