研修制度

全労済システムズの社員教育は、全労済の情報システム部門を担える人材育成をはかることを目的として実施しています。
コア・スキル、ヒューマン・スキル、コンセプチュアル・スキル、テクニカル・スキルの向上をはかるための独自の教育体系にもとづき、各種教育・研修を実施しています。


新人研修
新入社員として、職場・仕事の基本理解および全労済グループの一員として全労済固有の知識を体得し、社会人の基礎スキルとしてビジネスマナーの理解と向上をはかることを目的として実施しています。
  • 導入教育
  • 全労済入門
  • ビジネスマナー
  • 通信教育(労済固有講座編)
  • 情報処理技術者試験対策研修
  • Access研修
  • 新人研修
  • 部門配属後は専任OJT担当者による1年間の個別指導あり。

階層・役職別研修
  • プレゼンテーション研修
  • 管理能力基礎研修
  • 中堅社員研修
  • 係長研修
  • 課長研修
  • 部・次長研修
  • 役職別研修

専門技術研修・部門推薦型研修
  • SE育成研修(業務分析設計1・2)
  • 情報システム運用管理(ITIL)研修
  • プロジェクトマネジメント研修
  • 全労済システムズ環境研修
  • 業界標準各種研修
  • 管理部門基礎研修
  • 各部門研修
  • キャリア開発研修
  • OJT指導研修
  • ビジネスコーチング研修
  • OJT指導研修
  • 事務処理概要研修
  • 共済制度・商品研修


自己啓発支援・その他
  • 通信教育
  • 年2回開講。通信教育費を支援。
  • 情報処理技術者試験支援
  • 年2回募集。受験料の他、通信教育受講、外部セミナーへの参加、教材購入など各種支援制度あり。

選抜型研修
  • 洋上研修
  • ベトナム、インドネシア、シンガポールなど
  • 洋上研修